バナナ、栄養満点、カロリーたっぷりの健康効果

バナナ、安くておいしくて栄養があって食べ方も簡単。こんなにいいものだからどんどん良さをお知らせしたいわ

揚げバナナはサクサク感が勝負

f:id:machikadofashion:20160608155558j:plain

揚げバナナの作り方って興味ありますか。文字通りあげるんですけどね。

耳慣れませんか。バナナチップを昨日ご紹介しましたが、それを見て自分でバナナを揚 げたらどうだろうか、という発想がわきました。

 最初は電子レンジで水分を飛ばしてはどうかとも思ったのですが、やってみるとわかると思いますが、逆にシナ シナになってしまいます。

やはり揚げるということは油を使つてきちんと揚げる必要がありそうです。

いずれにしても、生食用のバナナを揚げてしまうというのは本来のバナナの食べ方ではない、という見方もできるかも しれません。

ただ、揚げることで生食プラスアルファの味わいを実感できたり、より携行性が向上したりということはあるわけですよね。

そういう意味では、揚 げバナナもひとつのバナナ文化といえるわけです。

アジアの各国には、揚げバナナデザートが多いとも言われます。

揚げバナナ料理

実際に料理店には、揚げバナナ料理って多いですよね。

レストランで揚げバナナを食した経験てありませんか。

揚げバナナの作り方


揚げバナナは、切って揚げる場合と、まるごとの場合があるようですね。

私自身は、携行性向上と食べやすさを考えて、刻む方を選択したいと思います。

カリカ リに焦がす寸前がちょうどいいのではないでしょうか。

高めの温度でカラッと揚げることです。

やはり揚げることは、サクサクとした食感を得られることこそが 最大のメリットだと思います。

ネットの情報を総合すると、必要なのは、バナナ、粉砂糖、片栗粉、卵などですね。

そして、お好みに合わせてココナッツやコーンフレークなども入れるといったところです。