バナナ、栄養満点、カロリーたっぷりの健康効果

バナナ、安くておいしくて栄養があって食べ方も簡単。こんなにいいものだからどんどん良さをお知らせしたいわ

バナナチップ(小林商事)は通常の生食用使用

f:id:machikadofashion:20160608154627j:plain

バナナチップというお菓子をご紹介します。簡単に言えば、ポテトチップのバナナ版。薄切りにしてココナッツ油であげてコーティングされています。まあ類似 商品はいろいろありますが、ここではスーパーで売っていた小林商事のものをご紹介します。

 バナナチップっていろいろあると思うのですが、このバナナチップ はいろいろ特徴があるんですよ。

バナナチップ
品種は、もっとも出回っている生食用キャベンディッシュですね。

他のバナナチップは、料理用のサバ種を使っているので、そのへんで、より通常の生食に近い食感を経験できるということではないでしょうか。

それはこの商品の大きな特徴のひとつですね。

商品名: バナチップ
名称: 油菓子
原材料名: バナナ、ココナッツ油、砂糖
内容量: 160g
原産国名: フィリピン
販売者: 株式会社小林商事
栄養成分表:100g当たり
エネルギー:545kcal
たんぱく質:2.4g
脂質: 32.2g
炭水化物: 61.5g
ナトリウム: 3mg
食物繊維: -
キャッチコピー: クセになるサクサク感!! ココナッツオイルで揚げた香ばしいバナナチップ

もうひとつの特徴としては、包装にファスナーが付いているので保存が便利だということです。

といっても油を使っていますし、乾燥剤は入っていないので早く食したほうがいいのは間違いありません。
包装にファスナーが付いている

実際に食べてみた感想

実際に食べてみた感想は、くるみのような味と感じました。

子どもさんなら結構食べるのではないでしょうか。

ココナッツ油を使っているとのことですが、他のスナック菓子のような油の余韻はないように思います。
くるみのような味
もともとバナナ自体が傾向性に優れたものですが、だからといってどこでも皮をむいて頬張るのはちょっと気が引けますよね。

その点、このバナナチップなら、気軽に持ち運んでつまんで口にできますね。

こういう形で、いろいろいな場面や場所でバナナを食すことができるというのはうれしいことです。

バナナチップ、興味深いと思いませんか。