バナナ、栄養満点、カロリーたっぷりの健康効果

バナナ、安くておいしくて栄養があって食べ方も簡単。こんなにいいものだからどんどん良さをお知らせしたいわ

2種類のお菓子がバナナ饅頭を名乗る

バナナ饅頭というのがあるのをご存じですか。文字通り「バナナの饅頭」なんですが、この場合、実は2通りあるんですね。今日はその2種類のバナナ饅頭をご紹介しましょう。

 ひとつは、外見は普通のまんじゅうなのですが、中の餡にバナナを使っているもの。これは九州で売っています。北九州門司港名物バナナの叩き売りにちなんで作られたものです。



もうひとつは、バナナを模した形状と風味の、いわゆる人形焼きです。もしくはバナナカステラといっていいかもしれません。北海道池田町の銘菓です。バナナ 人形焼きは全国にありますが、元祖は1905年に作られた北海道池田町米倉商店のものといわれています。ずいぶん古いのですね。

北海道池田町の銘菓
wikiより

これは外形だけでなく、中の白あんにもバナナを混ぜています。

どちらがどうと、比較したり優劣を付けたりすることにも意味はありません。どちらもバナナ饅頭です。

バナナには糖分が含まれているため、甘い和菓子のバナナ饅頭として使うのは、本来合っているのです。

しかも、その糖分は幾種類もあるため、体内への吸収は時間差があるのですね。したがって、糖分の量以上にエネルギー源としての役割が持続できるのです。

ということは、お菓子として食べるとしても、他の甘味食材よりはバナナを使った方が、血糖値も急に高まらず、かつエネルギー源としても長続きするということです。

また、生食のバナナですと鮮度がどんどん落ちてしまいますが、お菓子として加工したものはそれよりも日持ちします。

そういう意味で、お菓子としてバナナを使ったのはなかなかいいアイデアです。

和菓子と合うバナナ

北海道と九州という、離れたところで売られている異なる2種類のバナナ饅頭。全くもって興味は尽きませんね。

慶 紅白饅頭 (9個入) 高級和菓子 赤坂青野

慶 紅白饅頭 (9個入) 高級和菓子 赤坂青野

  • 出版社/メーカー: 赤坂 青野
  • メディア: その他