バナナ、栄養満点、カロリーたっぷりの健康効果

バナナ、安くておいしくて栄養があって食べ方も簡単。こんなにいいものだからどんどん良さをお知らせしたいわ

バナナと糖度の関係

f:id:machikadofashion:20160606040509j:plain

バナナに限らず、果物の甘さは糖度といわれるもので甘さの指標とされています。みかんもメロンもみんなそうです。文字通り、ショ糖含量のことです。

 もっと も、レモンのように酸味が高ければ、糖度が高くても甘みをそれほど感じないかもしれませんが、基本的に糖度が高くなればそれに比例して甘みも高くなるとい う考え方でいいと思います。その糖度とバナナの関係について考えてみます。

バナナは防疫上の理由から、青い状態で輸入して国内で黄色くします。

台湾バナナのたたき売りの歌でご紹介しました が、青い状態では、とてもではありませんが食べられるものではありません。

なぜなら、糖度が0.1~2.0程度なのです。つまりほとんど甘みは実感できな いのです。

ところが、それが時間をかけて黄色くするうちに、砂糖水につけたわけでもないのに糖度が増していくのです。

わずかな期間に甘くなって色も変わっていくのは 全く不思議なことです。

その後、スーパーの店頭には、ほぼ黄色で、両端が少し緑のバナナが並びますが、その時点で糖度は10.0~18.0度といわれてい ます。

10度というと、みかんよりも下ですから、まだ甘みは不十分に感じるかもしれません。

それが、さらに時間がたって黄色いポツポツ斑点、すなわちシュガースポットができてきます。

糖度の真相

これは、前回書いたように、もっともおいしい時期であり、かつ 免疫力の高まる時期でもあるといわれているのですが、もっともおいしいということは、イコール最も甘い栄養価も最高の時ということになります。

糖度にする と、21.0~24.0度といわれています。糖度が20度を超えますと、かなり甘い状態です。

バナナと糖度の関係。

全くもって興味が尽きませんが、みなさんはいかがですか。

糖度の高いバナナを食していますか。

いろいろ好みはあるかもしれませんが、やはり果物は甘い方がいいのではないかと思います。