バナナ、栄養満点、カロリーたっぷりの健康効果

バナナ、安くておいしくて栄養があって食べ方も簡単。こんなにいいものだからどんどん良さをお知らせしたいわ

そんな歴史があったとは 

f:id:machikadofashion:20160608170245j:plain

これまでバナナについていろいろ書いてきましたが、現在は安価な果物として気軽に食べられているものの、そうなるまでには幾多の出来事がありました。そうした経緯、バナナについて生き証人が語っているサイトがあり、大変興味深いですね。

 清水信次氏という、ライフストア代表取締役会長兼CEO、日本スーパーマーケット協会会長、社団法人全国スーパーマーケット協会名誉会長がインタビューに答えています。

日本に初めてバナナが入ってきたのは、明治36(1903)年のことです。 台湾から7籠(約70kg)のバナナが神戸港に到着したのが始まりです。 日清戦争(1894~1895年)後、台湾が日本に割譲されたことにより、 台湾バナナが「移入」されるようになったのです。 当時、台湾は日本の統治下にあったので、「輸入」ではなく「移入」という言い方をされました。 甘くておいしいバナナは瞬く間に日本人を魅了し、明治末期から昭和初期にかけて、 入荷量は年々増えていきました。戦前のピークとなった昭和12(1937)年の年間移入量は14万トン。 露天商による「バナナのたたき売り」があちこちで見られるようになりました。 明治から大正時代には高嶺の花だったバナナに一般の消費者の手が届くようになったのです。http://www.dole.co.jp/banana_history/leader/shimizu.html

以前ご紹介したバナナの叩き売り、バナチャン節は、たんなる伝統芸ではなく実際に存在したということです。

バナちゃん節。生まれは台湾台中阿里山麓。ひと房ふた房もぎ取られ、唐丸籠に入れられて、キールン港を船出して、艱難辛苦の暁に、ようやく着いた門司港。83度の高熱で黄色くお色気ついたころ、ひと房ナンボの叩き売り。

ところが、戦争が始まったことで輸送力がとられ、台湾バナナの移入が止まってしまいました。

それが「輸入」として再開されたのは1947年といいます。

最初はアメリカ軍用でしたが、1950年に民間貿易が正式に許されるようになりました。

もちろん、最初からたくさん輸入されたわけではないので、バナナは高級品だったわけです。

バナナの輸入権利を得ようと、多くの業者がバナナ市場に集まったといいます。

金で浮世がすむのなら

600高けりゃ、58だ。58ゃ昔の色男、それに惚れたか小紫。58高けりゃ55だ、ゴーンゴーンは鐘の音。鎌倉名物鐘なれど、金で浮世がすむのなら、奥州仙台伊達候に、なぜに高尾がほれなんだ。

バナナの叩き売りは次第に値が下がっていきますが、バナナの市場価格自体が普及とともに下がっていくわけです。

その背景には、1963年にバナナが輸入自由化されたことがあります。

その後清水信次氏は、業界の秩序統制を行うための組合を作り、バナナは1972年には、輸入量が106万トンになったといいます。

バナナの歴史。興味が尽きません。